リップグロス

メイク直し

ある日、私は友達からお茶に誘われる。

友達はお茶した後に、アルバイトの面接に行きたいという事だったので、面接会場近くの喫茶店で待ち合わせ。

 

談笑し、いよいよ面接時間が近づいてきた友達は「トイレでメイク直しして来る♡」と席を立つ。

 

トイレから戻ってきた友達・・・

先程よりメイクが濃くなっている。 

唇にはこれでもかというくらい、たっぷりとリップグロスが塗られていた。

嫌でも唇に目がいく。

 

唇がリップグロスでかなり強調されている事から、私は内心“バイトの面接なのに、こんな派手なメイクで大丈夫?”と思った。 

しかし、その友達はルックスに自信をもっている人であったため、私がメイクについてわざわざ指摘するのも失礼かと思い、遠慮してアドバイスはしなかった。

 

駅までの帰り道。

友達の面接会場は、喫茶店の近くにあったので、数分歩いてバイバイする事になった。

 

別れ際、ふと友達の顔を見る。

メイク直し直後の顔より、下唇のリップグロスが滲んでいるように感じた。

 

“流石に面接会場の前で多少は鏡をチェックするのだろう”と思った私は、特にリップグロスが滲んでいる事を友達に伝えなかった。

 

その日の晩。

日中会った友達から電話が掛かってくる。

 

電話に出るや否や・・・

「こちこ💢何で私のリップグロスの事、教えてくれなかったの?」

「バイトの面接が終わって、帰宅して鏡を見たら、真っ赤なリップグロスが一筋の糸の如く唇の真ん中から顎まで垂れていたのよ!」

「きっと私は唇から真っ赤な液体を垂らし、面接を受けていたの💢」

「恥ずかしい!!!」

「こちこと一緒に帰っている時から、私のリップグロス垂れていたんじゃない?」

「何で教えてくれなかったの?」

「一筋の滴ったリップグロスのせいで、面接官に変な女だと思われたんだわ💢」

「面接が終わって、たった数分で企業から電話が掛かってきて!今回は・・・と言って不採用だったのよ💢」

「これはリップグロスのせい!!!!」

と何故か一方的に責められた。

 

私との別れ際・・・

まだリップグロスは唇から垂れてはいなかったはずなのだが・・・

滲んでいた時点で教えてあげるべきだったのだろうか・・・

彼女の面接が不採用になったのは、私のせい?

どうしても腑に落ちない友達の主張であった。

 

 

スポンサーリンク

6件のコメント

こちこ様を責めるのは、お門違いというものですよね(・_・;
他に良い方がいらしたから採用されなかっただけかもしれないですし、よほど気になるなら応募先に問い合わせするしかないかなと思います。

ご友人も、反省してくださっているといいのですが・・・・
言われた側は、絶対に忘れられないですね(O_O)

utokyo318様✨
そうですよね!
「他にもっと条件の良い人がいた」と考えるべきと私も思いました〜
そして、会場に入る前に身だしなみをチェックしなかった友達にも落ち度はあるような気がします…(^^;)
面接を受ける際のメイクはナチュラルで☆と友達の失敗から学びました!!!

記事も拝見しました。
こちこさまの友達は強烈にリップグロス!!

友達は塗りすぎてマヒしていると思われますね(笑)
香水も慣れてくると無茶苦茶強匂いになりますよ
勤め先の会社の事務室も香水凄いでしたよww

がちょー 様✨
普段からメイクを濃くしていると、ナチュラルな引き算メイクが出来なくなるんですよね!
がちょー 様の勤め先の事務室も香水の匂いスパークしてましたか(^-^;
きっと香水を付けている人たちは毎日嗅いでいるから、量の加減が分からなくなっているのかもしれないですね…。

なかなかすごいお友達ですね~
「そんなんだから落とされるのよ!!」って言い返したいかも??笑

リップグロスは塗りすぎると”天ぷら食べたの?”となるので、ほどほどにがいいですよね。(;^_^A

ミコリー様✨
確かにwww
最初からキレて畳み掛けられた私は…呆気にとられてしまいました( ゚д゚)

滴る赤いリップグロス!!!!
天ぷらどころか、吸血鬼を連想してしまいますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です