美容室のサービス

コロナ禍における美容室に来る女性客の悩み

私が通っている美容室のオーナーは年齢も近く家も近所で飲み友達🎵

 

彼が言うには「美容室に来てくださるお客様は美意識が高いということもあり、コロナ禍において女性の気にされている悩みのほとんどが年齢問わず薄毛と白髪」と話していた😱

日頃から女性常連客の髪を施術していると、ここ最近では毛量が減ったり白髪が増えていくのを目の当たりにしているとのこと。

それはコロナの副作用とかではなく、彼が判断するにはコロナにおいて過剰に神経質になっているストレスが毛髪に現れているのではないかと推察していた💦

 

ある程度年齢を重ねているのに全く白髪のないお客様も稀にいる

オーナーはそういう人が来ると美容のプロとしていろいろインタビューをするのだが

「みんな揃って無添加にこだわっていることが判明!」

と言っていた。

・食事は添加物が入っていないものをなるべく摂取する

・パーマやヘアカラーもしていない

・ノーメイクでスッピン

という印象があるらしい。

 

何千何万と女性の髪を施術してきているオーナーだけに、データの少ない医療統計を見るよりもその仮説は正しいのではないかと思った✨

  

美容室のサービス差

私が通っている美容室はオーナー1人で経営しているため完全個室、タブレットが置いてあるので雑誌や動画はそれで観ることができる。

コロナ禍においてもサービスは低下しておらず全て1人で行っているため、飲み物の提供やマッサージも一貫して継続されている。

変わったことがあるとするならばオーナーはマスク着用。客はマスクを汚さないためにも施術中は外してOK。

 

ところが友人の通っている大手チェーン美容室はコロナの影響で美容師と客のディスタンスを保つため

・美容師と客はマスク着用必須

・雑誌はウィルス蔓延の可能性を防ぐため撤去

・飲み物はマスクを外す行為になるので提供しない

・マッサージは人の体に触れるということが問題視されるのでなくなった

 

ヘアカラーをした際、帰宅後マスクが汚れていることに気付いた友人は

「店側は汚れる予測ができたにも関わらずマスクを着用させながらの施術はクレームを招く」

「マスクが汚れるのであれば美容室がマスクを用意する」

「今まで通りのサービスが提供できないのであれば価格を下げるべき」

と問題提起していた。

 

チェーン店は多くの店員を雇っているので店側の安全確保もしなければいけないのだが、サービスが低下したのであれば常連客の「対価を求める気持ち」も理解できると思った。

 

個人経営とこのチェーン店の美容室を比較して…

コロナ禍で美容室もお客様目線でサービスに対する在り方を見つめ直す必要があるのではないか

と考えさせられた。 

   

 

スポンサーリンク

2件のコメント

ブロガーのこちこさまこんばんは^^

美容室のお話。
女性目線で記事も参考になりましたよー
私も本日は床屋さんに行ってきました。

私のいつも行く床屋は小学生からのお付き合い(笑)
店主も70歳過ぎておりますが、夫婦二人で経営なさっておりましたよ。

コロナ禍における美容室に来る女性客の悩み、
なるほど、女性の方は白髪に薄毛に悩んでおりましたね((+_+))
私も白が多いので、帰って来てからブリーチして金髪にしましたよww

そうそう、ゆるふあ161見てみますよ(笑)
ブログ更新もお疲れさまでーす。。

がちょ探偵✨
いつもコメント有難うございます♪

がちょ探偵は床屋さんとのお付き合い古いのですね(^з^)-☆

「髪は女性の命」と言いますから、ストレスが顕著にでるのかもしれません…
信じるか信じないかはがちょ探偵次第です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です