登校拒否

責任感

私が小学校高学年の時、同じクラスにTさんという女の子がいたのだが、ずっと登校拒否していた。

Tさんは特にいじめられていたわけではなかった。

Tさんが学校に来ない理由を理解できなかった私とMちゃんは「Tさんを登校させたい」という強い思いから、誰から頼まれたわけでもないのに毎朝Tさんの家まで迎えに行く事を2人で決める。

 

Tさんの家の玄関でインターホンを鳴らし、Tさんの母親に家に上げてもらう。

そしてTさんの部屋の前で「学校に行こう!」と毎朝問答を繰り広げる。

結局はTさんを学校に登校させる事はできないという日々が続く・・・

 

10日目の朝。

Tさんの家まで迎えに行くのが日課になっていた私とMちゃんは「今日こそはTさんを学校に登校させよう」という不思議な責任感からいつものようにTさんの家に向かい、問答を繰り広げる。

案の定Tさんは学校へ行きたがらない。

見るに見かねたTさんの母親から

「毎朝迎えに来てくれるのは有難いんだけど、本人が学校に行きたくないと言っているんだから無理に登校させる必要なんてないでしょう。そして正直、毎朝あなたたち2人が家に来てTを説得するのに20~30分も家の中で騒がれているのは迷惑。お節介もいい加減にしてくれない?もう朝は迎えに来なくて良いから」と言われてしまう。

 

登校しない理由

私とMちゃんはTさんのお母さんの言い分に少し納得がいかないところがあった。

Tさんと毎朝繰り広げていた問答から分かった事だが、Tさんは家で何をしているのかというと、ゲームが好きだから1日中部屋でゲームをしているというのだ。

当時親からゲームの時間は何時間と決められていた私たちにとって、Tさんの“1日中ゲームをしていて良い”という環境はとても羨ましかった。

Tさんが言うには

「新作のゲームが出ると親が何でも買ってくれるからゲームで単純に忙しい」

「朝は眠いし学校に行くのが本当に面倒くさい」

「親も無理して学校に行く必要ないと言ってくれている」

「だから行かないだけ」

との事。

 

放課後、再びTさんの家に行くと夕方は部屋から出てくる。

学校には行きたくないけど遊びになら出掛けられるらしい。

それを許可しているTさんのお母さんの考えが私とMちゃんには理解できなかった。

 

一言で登校拒否と言ってもいろいろな考え方や家庭があったのをふと思い出した。

 

 

スポンサーリンク

4件のコメント

以前の私の生徒さんも、eスポーツに取り組んでいてご家族一同で深夜までゲームをしているという方がいましたが、目の下にはクマができていて、明らかに不健康な感じでした。 
学校には行っていたと思うので、よけいに疲れていたのかなと思いました。

昼夜逆転すると発育にも影響するので、他人事ながら心配になりますよね(^_^;)

utokyo318様✨
家族でゲームにハマる家庭もあるのですね!
私のクラスのTさんは親が優しすぎる家庭だった様な気がします…。
小学校も中学校もほとんど学校に来ていなかったし、大人になってから同窓会にも出席していなかったので今もどんな生活をしているのか全くわかりませんが、昔のことをふと思い出すと考えたりしちゃいます(*´ω`*)

おはようございます

登校拒否は心理もわかります
私も昔、いじめられっ子でしたから。
無理に教室に行かなくても、保健室登校が出来ればいい方ですね

私もいじめられっ子でしたが、当時はなんとか登校してましたよ(T_T)

がちょー様✨
登校拒否する心理…。
色んなパターンがありそうですよね。
がちょー様はいじめられっ子だったのですね。
いじめられてたら学校なんか行きたくなくなりますね:;(∩´﹏`∩);:
今のがちょー様はそれを乗り越えて逞しく成長したのですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。