脱ステ成功!?

脱ステロイド

私は2020年4月から1年かけて脱ステ(脱ステロイド)すべく、ステロイドの塗り薬(副腎皮質ホルモン皮膚用薬)を断っている。

脱ステの経過と結果について報告😊

 

はじまり

遡ること2年前(2019年)、謎の唇ガサガサ病に見舞われ皮膚科に行った。

皮膚科医の診断は接触性皮膚炎とのこと。

接触性皮膚炎は何が原因で起きているかわからない。
化粧品なのか食べ物(香辛料)あるいは全く別の要因か判断が難しいらしい。
しかし、何かに反応して唇がガサガサになっているとのことだった。

 

唇は皮膚が薄いので赤ちゃんにも使用する弱いステロイドの塗り薬を処方される。

唇は、口腔粘膜と皮膚の境界に位置する中間部分であるため、粘膜と皮膚の両方の性質を持っている。
どちらかといえば粘膜に近い性質で、顔の皮膚に比べて角質層が非常に薄く、ターンオーバーが速く、汗腺や皮脂腺がなく、皮脂膜や天然保湿因子が少ないので、角質層の水分量が少なく乾燥しやすいということがわかっている。

 

ステロイドを唇に使用

どんなにガサガサに荒れていても1~2日でプルンと綺麗な唇に回復する元通り

2~3日経つとまたガサガサしてくる

ステロイドを塗る

元通り

そしてまた数日経つとガサガサ

ステロイドを2~3日塗る(次第にガサガサになるスピードが速くなり、逆にステロイドを塗る期間が延びていく。ステロイドの効き目も悪くなっていった・・・)

元通り

 

このループを1年以上繰り返す。

 

ある日友達と食事をしていたら

「唇の皮膚薄いよね」

「口紅塗っていないのに赤いよね」

と言われる。

 

それは自分でも感じていた。

薬で無理矢理綺麗にしているからか、唇の皮膚が本当に薄くなっていた。

まるで毛細血管が浮き出ているようだった。

辛い物を食べるとあり得ないくらいパンパンに唇は腫れ上がる。

私自身、「いずれ何とかしたい」とずっと思っていた。

例えば口の形を「い」「に」と横に大きく広げると、薬の副作用からか唇の縦ジワもなくなっていたため、大きい表情をするとプチっと割れて血が出るのではないかというくらい唇の皮膚が薄皮のよう。それが嫌で仕方なかった。

ステロイドのループをやめたい!!

 

経過

昨年(2020年4月)、緊急事態宣言が発令。

「あっ!この時期だったら脱ステできる」と思った。

案の定マスク生活が始まる。

これを機にステロイドを塗ることを一切やめる。

すると、唇も「ステロイドをよこせ!」と言っているかの如く、よりガサガサになる。

今まで与えていたものを与えなくしてしまったため、さらに炎症を起こす。

終いにはガサガサどころか黄色い浸出液(膿のようなもの)が出てくるようになった。

あまりの酷さに「もう、いっそのことステロイドを塗ろうか」と思うことは何度もあった。

それでも「我慢、我慢。私はステロイドから抜け出すんだ」と思いとどまり、ステロイドを塗ることをしなかった。

気持ちの強さが勝ったのか。

今、鏡を見たら「あれ?そういえば最近唇ガサガサしていないな」と思った。

コロナ禍でのマスク生活が良い方に作用して脱ステできた・・・!?

 

結果

ステロイドは即効性がある!が副作用も然り。

私は魔法の薬のように使っていた。(自分の意志の弱さがいけないんだけど・・・)

なぜなら皮膚が元通り綺麗になる。

安易に使用し、癖になっていた。

ステロイドは連用を続けると経皮毒として皮膚に蓄積されていくらしい。

上手に付き合わないと危険な薬でもあった。

結局ステロイドを塗っていた期間と同じくらい、経皮毒を取り除く(脱ステ)には時間がかかった。

 

現在はステロイドを塗らなくて済むくらいまで唇の皮膚が回復。(唇の縦ジワも復活し大きい口も開けられるようになった)

 

ステロイドを塗らなければいけない皮膚症状の人は脱ステって難しいのかもしれない。

けれど私みたいに「ステロイド=魔法の薬」と勘違いして1年近く長期連用していたのは本当に良くない。

皮膚に負担がかかっていたと思う。

・ 

私の皮膚は年々弱くなっている気もする🌀

 

ステロイドは素晴らしい薬

でも魔法の薬と勘違いしないようにしたい

 

感想

ステロイドは付き合い方が難しい。

強い薬には弊害もある。

特に顔は皮膚が薄いので要注意⚠

これからは皮膚トラブルが起きてもなるべく魔法の薬を頼らないようにしたい。

 

脱ステ。

丸1年かかったという意味で感慨深い。

ステロイドの長期連用の怖さと中毒性について身を持って経験した1年だった。

 

 

スポンサーリンク

6件のコメント

ステロイド、それだけ強い薬なのですね・・・・
他の薬も、連用すると効き目が薄れてくるものもありますし、自然治癒力を使って治せたら一番いいですね。

紫外線も、皮膚に負担をかけると思うのですが、マスクをされていたことで防ぐことができたかもですね(^ ^)
最近は、暑くてマスクが辛いときもありますが(^^;;

utokyo318様✨
お薬は長期連用していたために効かなくなっていき…せっせと毎日塗るたび、皮膚が薄くなっているのが分かりました!唇を見るたびに恐怖でしたよ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
これからはなるべく皮膚トラブルは自然治癒力で治します♡
紫外線をマスクで防いでたのも確かにありますね♪最近はマスクで蒸れちゃうのが気になります〜☆

つい簡単で即効性のあるものを使いたくなるけど、
できれば自分の持っている自然治癒力で治したいね。

ホルモン剤もそうだけど、それを使うことで体が怠けてホルモンを作らなくなるというので、
自分の体もに対しての鬼監督になれねば!ですね。笑

私も更年期ですが、自力で乗り切っています。(^_-)-☆

ミコリー様✨
「ホルモン剤もそれを使う事で身体が怠けホルモンを作らなくなる」そうなんですよ〜(;_;)ステロイドも副腎皮質ホルモンという名前だからホルモン剤ですよね…。
今回は魔法の薬に振り回されてしまいましたが、これからは安易に頼らないようにします!!
「更年期」こちらも女性なら誰しもが通る道ですよね☆私もミコリー様のパワーにあやかり、何事も自力で乗り切っていきたいです♡

私はアトピー性皮膚炎の持病をもってます
あの世までのおつきあいですよ(笑)
ステロイド剤はやめると、皮膚炎悪化するので棺桶までやめられませんね涙涙

がちょー 様✨
アトピー性皮膚炎の持病があると脱ステは難しいですよね…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
ステロイドは急にやめてしまうと悪化するの分かります。
お薬は上手にお付き合いしていかないと!です♪
漢方とか健康食品で体質改善出来たら良いんですけどね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です