誰のせい?

ダイエット

先日YouTubeこちこの部屋にちょっぴり怖い文学作品の朗読、作:夢野久作「鉛筆のシン」をアップしました。

たった1分間の小説。

短い物語の中にはしっかりと教訓が詰まっていて本当に面白い作品だと思いました。

文豪の書く童話みたいな感じです。

 

朗読してみた感想は“今起こっている嫌な出来事が他人のせいなのか?それとも自分のせいなのか?”というのを考えさせられました。

 

他人のせいにするでふと思い出した事があります。

 

私が実家で暮らしていた頃、よくダイエットをしていました。

私は母に今日からダイエットする!だからお母さんも協力してよ。お菓子は絶対に買わないでよ!なんて言っていました。

でも父や母だってお菓子を食べたい時もあるだろうし、ウチには妹もいたんで妹だっておやつにお菓子を食べたいだろうし・・・

それでも母はわかった、協力すると言ってくれていました。

しかし実は買ってきたお菓子を食器棚の奥に隠していたりしたんです。

そして私がそのお菓子を見つけると嘘つき!!!どうしてお母さんは私のダイエットに協力してくれないの!!!!!と怒っていました。

すると母はちゃんと見えないように隠してあったでしょう?何でこちこは見つけちゃうの?このお菓子はこちこのお菓子じゃないよ。家族の分のお菓子だよ。他にも家族がいるのにどうしてあなたのダイエットのために他の人たちも一緒にダイエットさせられなきゃいけないの?家族は普通にお菓子を食べたいよ。ダイエットするんだったら自分の強い意志でやりなさい。お母さんのせいにしないで!!!と言い切りました。

 

今考えるとその通りですよね。

母は私に気を使ってお菓子を隠してくれていたのに、本当は私がお菓子を食べたいものだから(´;ω;`)ウゥゥ

ダイエットにイライラはつきもの。

母に八つ当たりしていたんです。

 

当時の私はダイエットできないのはお母さんがお菓子を買ってくるせい!と母のせいにばかりしていました。

でも今なら誰のせいにもせず、自分の意志で黙々と断食しちゃいます。

人は変わるものです。

 

昔の私は何でも他人のせい。

しかし大人になるにつれ、自分が変わらないと結局は何も解決しない事に気付きました。

今回の鉛筆のシンという童話はわかりやすく核心を突く作品でした。

誰かのせいにしたって自分のためにはならない。

そりゃこいつのせい!と恨んでいるくらいの方が気楽な気もするけど、でも恨んだって他人は何の責任もとってはくれない。

よってある時からダイエットできないのも、ダイエットしないのも、自分のせい!と思えるようになったのです。

 

何事も自分次第♪ですね。

 

文学作品朗読「鉛筆のシン」

みなさんはどんな風に感じるのか、是非ご視聴いただけると嬉しいです♡

 

▼【朗読】「鉛筆のシン」夢野久作はこちら

 

 

スポンサーリンク

4件のコメント

以前「過去と他人は変えられない」というタイトルの記事をアップしたことがありますが、これは常に実感しますね(^^;;
お母様の毅然とした対応はすばらしいと思いましたし、こちこ様もお母様のことを理解されていて、すてきな親子関係だなと感じました。

自分を責めすぎるのも辛いですが、一歩踏み出すには、自分が変わることが肝心ですね♫

utokyo318様✨
ブログ記事「過去と他人は変えられない」を読ませていただきました!
とても共感できるお話でした〜(^人^)
親子はお互いに言いたいことを言える分、腹も立ちますが、今となっては母の言葉も理解できます。
ダイエットに関してだけは、他人のせいにせず、自分をコントロール出来る様になりました♡

何事も自分次第ですね!

ダイエットもお疲れさまです✨
そうそう、オリーブオイルダイエットもおすすめですよ

1日小さじいっぱい飲むだけです(笑)
私はおかげで4キロ減りました!!

こちこさまもオリーブオイルダイエットしてみては??

がちょー様✨
私もオリーブオイル大好きです。
カロリーを摂取しているのに体重が減るって不思議…
オリーブオイルダイエット♡
チャレンジしてみますね(*´꒳`*)
後は運動しなきゃで〜す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。