文豪 田中貢太郎

実話怪談詰め合わせ

先日これまで語ってきた青空文庫の怖い話から、実話怪談作家として有名な田中貢太郎の怪談だけを詰め合わせた朗読作品をYouTubeにアップしました。

田中貢太郎の作品は私の琴線に触れるものがあり、なぜか彼の作品を朗読する時だけクラシカルな読み方をしてしまいます。

これは誰かに教わったわけではなく、田中貢太郎の作品を読もうとするとクラシカルな語り口調になってしまうのです。

きっと私の魂が実話怪談というものに揺さぶられるのでしょうね。

そして今回の詰め合わせ作品が、私の朗読風景を見られる最後の作品となります。

理由は「朗読している風景が映っていると人物や表情に目がいってしまい、話の内容が頭に入ってこない」という意見もあったからです。

なのでこれからは視聴者の方がお話に集中できるよう、イメージ画像を貼り付けた朗読に切り替えていこうと思っています。

私が朗読で登場する最後の作品、田中貢太郎実話怪談詰め合わせ全十二話

どうぞご視聴よろしくお願いいたします。

 

▼【朗読】田中貢太郎 実話怪談、詰め合わせ(全十二話)はこちら

 

▼【朗読】「海坊主」田中貢太郎

 

▼【朗読】「這って来る紐」田中貢太郎

 

▼【朗読】「老犬の怪」田中貢太郎

 

▼【朗読】「女の出る蚊帳」田中貢太郎

 

▼【朗読】「天井からぶらさがる足」田中貢太郎

 

▼【朗読】「遁げて往く人魂」田中貢太郎

 

▼【朗読】「通魔」田中貢太郎

 

▼【朗読】「終電車に乗る妖婆」田中貢太郎

 

▼【朗読】「隧道内の怪火」田中貢太郎

 

▼【朗読】「白い小犬を抱いた女」田中貢太郎

 

▼【朗読】「空中に消えた兵曹」田中貢太郎

 

▼【朗読】「藍微塵の衣服」田中貢太郎

 

 

スポンサーリンク

4件のコメント

私は目を閉じて拝聴しているので、特に気にならなかったのですが,そのようなご意見もあるのですね・・・・
メイキング映像も投稿されているので,そちらだとお顔が拝見できますね♫

実話怪談ということですが、自分の身に起こったら、他何度も卒倒しますね(^_^;)

utokyo318様✨
声だけの出演の方が、私も見た目を気にする必要がなくなる分、朗読に集中出来ると思い、こちらの意見を取り入れようと思いました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
実話怪談って不思議な魅力がありますよね♪
話を聞く分にはとても面白いですが、自分が体験するのはちょっと嫌ですね…。

こんにちは
すっかりユーチューバーになったこちこさまですね☆

動画作品もこれからも、楽しく、怖く作って下さいね✨✨

がちょー様✨
私はブログ、YouTube、スタンドfmを一年間続けてきて(^ ^)
YouTubeに一番力を入れようと思いました♪

これからも頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。